使い勝手の良い物

あると便利な小物・・
安価なもので代用が効くもの・・

安全保護具

流れ止め

バックカントリースキーの際に外れた板を探すのは非常に困難です。

安全対策

流れ止め
流れ止め

Runaway Strap
(ランナウェイストラップ)

スキーとブーツをつなぐ流れ止め。ゲレンデなど斜面を滑走される方は必須。

写真に写っている赤いスパッツはスキーハイクではあまり使っていません。秀岳荘オリジナルのスパッツ(ファスナー無)を使っています。


スパッツ

雪の侵入と汚れを防ぐスパッツ

スパッツの選び方

スパッツ
スパッツ

スパッツ、ゲーター

ショート、ミドル、ロングがあります。

スキーハイクの場合、厚手の冬用でなくても3シーズン用で十分だと思います。

ゴアテックのような高価なスパッツも必要ありませんね。

フェルト素材のゲーター

ゲーター
ゲーター

ひとつ上のおしゃれなゲーター

上へ

紫外線

サングラス・ゴーグル

吹雪だけではなく雪目からも守ります。

紫外線対策

ゴーグル
ゴーグル

簡易サングラス
簡易サングラス

老眼になりますと遠近両用となります。

眼鏡を外してサングラスだけと言うわけにも参りません。

そこで眼鏡に被せる簡易サングラスを使っています。

しかし、この安価な簡易サングラスに紫外線カットの機能はついておりません。

意味があるのかはちょっと不安です。

サングラス
サングラス

若いころに雪目になったことがあります。春スキーの頃です。

目が痛くて開けていられない、涙が止まらないといった感じで数日は泣きっぱなしでした。

雪目の原因は紫外線が目に入り目の表面が傷ついてそうなるようです。

夏は海水浴に行っても雪目のような状態になることはありません。

聞いたことがありませんね。

なぜ春の雪山なのかというと雪により乱反射した紫外線が人の目に入るからだそうです。

頭上から降り注ぐだけの夏の日差しでは紫外線が目に入らないということなのでしょうか。

上へ

夏仕様に変更する

先ゴム、石突きキャップ

夏用のリングに交換して先ゴム、石突きキャップを付けて路面を傷つけないようにします

トレッキングポールに使う

先ゴム、キャップ
先ゴム、キャップ
リング
リング

リングは交換しなくても問題ありません。

トレッキングポールを使うことの利点は以下のようです。

夏にハイキングを楽しむ場合はスキーハイクのストックを利用して見ては如何でしょうか。

1、トレッキングポールは、下り坂で膝にかかる負担を分散できる。

2、腕の力を使うことで、登坂の補助となる。

3、体のバランスを崩したときに軽度であるならば立て直すことができる。




上へ     ホームへ     次へ